忍者ブログ

FOCUS CAYOとGIANT OCR3に乗っている大学生の自転車中心日記です
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

07.26.17:24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/26/17:24

06.07.23:34

Mt.富士ヒルクライム結果

富士ヒルクライムに行ってきました~

ちなみにこれが僕の初レースです。

さすが5000人に迫るレースは迫力が違いました。

前日の受付の日にあったメーカーのブースもすごいすごい。

フォーカス最上位のイザルコ見てきました。

持ってみましたがすごく軽かったです。

他にサーベロのエアロフレームS3はダウンチューブがすごく薄かったです。でも、BB周りはすごいボリュームでした。

次ぎ買うときはサーベロのエアロフレームが良いな~3年間はCAYOでがんばりますけどね。


で、当日。

僕は自己申告タイムを1時間半にしていたのでゼッケン4000番台の4番スタートでした。

DVC00037.JPG













スタート直前、雲がほとんど無く富士山が僕たちを歓迎しているようでした。

走っていることを書くと面白いんでしょうけど、下ばかり向いて走っていたのであんまりおぼえていませんww

あえて書くなら、前の人を抜こうとしたときにセンターラインに置いてあったカラーコーンに気付かずにぶつかっちゃいましたw

タイヤがカラーコーンの重りの部分に当たっただけだったのでたいしたことは無かったです。でも、すごく恥ずかしかった~

ちゃんと前を向いて走らねば!

それと、平坦部分は皆さん速かったです。

周りの人は40km/h以上で快走してました。ちなみに僕は、ヘタレなので37km/hぐらいしか出てませんorz

でも、最後の坂では抜かされた人たちを最後のスパートで抜かし返しましたよ!!


そして肝心のタイムは・・・


1時間19分4秒でした!!

年齢別で92位でした!!

初レースとしてはいい結果ではないでしょうか?

DVC00036.JPG













5合目の荷物置き場にて

いい記録だと思ってましたが、連れて行ってくれたチームの皆さんは1時間16分台の人ばかり、itoさんは1時間12分ぐらいでした。

僕は全然まだまだでした。

ただ、目標は出来ました。

来年は1時間15分を切るともらえるシルバーの称号を目指します!!

来年には今使っている重いホイールから軽量ホイールに変え、練習しまくって挑みます!!


↓ランキング参加中
ポチっとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 学生サイクリストへ
PR

ご苦労様でした

musashiさんの接触の副産物だったのか
コーンの近くに破片が落ちていましたよ
おもりの一部でしょうか黒い物体がw
僕も申告タイムを上げておくべきでした
渋滞を抜かすのが大変でしたよ
遅いのにセンターライン寄りを走る方が
多いしフラフラしたり斜めに走ったり
後方確認をする人が少なかった
そんな渋滞をかわして進むのは疲れました
申告タイムが早いグループは、そこら辺の
常識があるのでしょうか?
第8グループでも第5か4グループの脱落組
近くまで追い上げることが出来ました。
「なんで第8グループが!」ってつぶやいて
いる人がいました
結果、僕の口車に乗って大会に出て
良かったでしょ?
今後も都合が合えば、バシバシ参加しましょうね

  • 2009年06月08日月
  • きんさん
  • 編集

速報結果検索

http://cycle.powertag.jp/

だそうです

私は、1:43:59.22

パレードのタイムロスを期待したのに

残念です。

  • 2009年06月08日月
  • URL
  • きんさん
  • 編集

無題

返事が遅れましたが、お疲れ様です。

破片が散らばってましたか・・・前方はちゃんと確認しないといけませんね。
僕のタイムが申告タイムよりも早かったので前の選手を相当抜かさないといけなかったのは大変でした。
出来れば広がって走らずによって走ってほしかったですね。
そうすれば抜かさないといけない状態になっても安全に抜かせますし。
選手側の意識も大切ですね。

初レースは結構記録もよく気持ちよく走れました。
今後もどんどんレース出ましょう。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら